ブログ

高齢者の方が住みやすい家づくり

住まいというのは、同じ家であっても、住む人によって住みやすさが変わってくるものです。
ですから、自分たちに合った家づくりをすることが大切なわけです。

もし、すでに家を建ててしまったのであれば、あとからリフォームという形で住みやすい環境を整えることができるものです。

例えば、高齢者の方が住みやすい家にするには、安全に配慮してケガをしにくい環境を整えておくと良いものです。

具体的な対策としては、手すりをつけるというものがあります。
高齢者の方は、移動するために体を動かした時に体勢を崩して転倒してしまうことがありますが、手すりがあれば転倒防止に役立つので、安心感のある生活が手に入るのです。

転倒防止に役立つといえば、段差を低くするということも効果的な工夫です。
普段は気をつけられていても、考えごとをしながら歩いていたり、物を持って歩いていると、感覚がいつもと違うため、段差のところでつまずいてしまうことがあるものです。

その他、大事なポイントとして、介護される側とする側の距離を近づけるという工夫も必要です。
お互い気を使いすぎない距離を保つことも大切ですが、離れすぎると不安感につながりますから、注意が必要です。

 

茨城県下妻市注文住宅を建てるならマツオ設計にお任せくださいませ。

2017年4月5日 posted|→ 記事一覧
ページトップへ
サイトマップ 会社案内 トップ