ブログ

外装をリフォームする際の注意点 その3

家を建設して、ある程度の年数が経過すると、外壁に汚れが目立ったり、ヒビが入ったり、藻がついたりと、新築時のような美しさを保つことが難しくなります。
その場合には、外壁を塗り替えるなど、リフォームが必要になります。

外装をリフォームするためには、信頼出来る業者と相談をし、どういったことを今回行う必要があるのか、リフォームのコンセプトを決めるようにします。
外壁の具合をチェックしてもらい、リフォームの内容を相談します。

新築時とは違い、汚れがつきにくい塗料や断熱効果の優れた塗料が開発されていることもありますので、最初のものより、長持ちするものを選ぶようにします。
業者とよく相談をし、リフォーム後は、快適に住めるように、よい塗料等を選ぶようにします。

また、外装をリフォームする際には、季節にも気をつけることが必要です。
雨の多い時期は、塗料が乾きにくいことと、作業がスムーズに進みにくくなるため、春先等、雨の少ない時期に依頼をすると、安心です。

また、外装のリフォームは、足場を組み、音などが出る作業となります。
したがって、ご近所への配慮を忘れないことも必要です。
挨拶をすることが礼儀となります。

 
茨城県下妻市注文住宅を建てるならマツオ設計にお任せくださいませ。

2017年3月28日 posted|→ 記事一覧
ページトップへ
サイトマップ 会社案内 トップ