ブログ

内装をリフォームする際の注意点

内装のリフォームは、様々な部屋、部分で行われます。
居室のリフォームであったり、キッチンのやり替えであったり、トイレを最新の便器に取り換えたり、浴室に最新の浴室乾燥機能を搭載したりと、多岐にわたります。

その中でも特に注意してリフォームを行うべき箇所は居室です。
何故なら、居室が一番居る時間が長い部屋だからです。

居室の内装をリフォームする際に留意するべき点は、使用する内装の材料です。
内装材といえば、主に壁や天井に貼るクロスであったり、クロス貼りではない場合は塗料などです。
そして床材に関しては、洋室であればフローリング材やカーペット、和室であれば畳などです。

壁、天井、床のそれぞれの部位に使用する材料は、シックハウス対策としてフォースターの材料を用いるのが理想的です。
フォースターの材料を使用することで、化学物質過敏症の人でもアレルギーを起こすことはなくなりますし、また、リフォーム後に不快な匂いが部屋に充満することもありません。

このシックハウス対策を部屋の全体的に行うことで、人に優しい部屋へとリフォームすることが出来ます。

 

茨城県下妻市注文住宅を建てるならマツオ設計にお任せくださいませ。

2017年4月1日 posted|→ 記事一覧
ページトップへ
サイトマップ 会社案内 トップ